• 認知症介護・説得よりも納得してもらうことが大切です。

認知症介護・説得よりも納得してもらうことが大切です。

介護
説得よりも納得してもらうこと
認知症は、
病気のひとつです。
伝えたけれども、支離滅裂、
理解できなくて、
混乱して、
言葉のやりとりがむずかしくなります。
「財布がない」の言葉に、
「ちゃんと入れとかないから」
「タンスの中に入っているのじゃないの」
と言って、一生懸命に、
正当性を伝えても、
言われたことが理解できずに、
話し手の「何回言っても、わからないのだから」
という感情だけを強く感じてしまいます。
そして、
被害的になり、
「財布を盗られた」という、
言葉が返ってくることもあります。
認知症の方へは、
心情に寄り添うことがとても大切です。
財布のあるところは知っていても、
いっしょに、
タンスの中を一生懸命に探して、
「あら、こんなところにあった!」と、
落ち着いてもらえるように、
接していくことが安心してもらう一つの方法です。
認知症では、感受性が豊かになります。
不快な思いも、悲しい思いも、嬉しい思いも、
素直に大きく感じて表現してしまいます。
正しさを一生懸命に伝えても逆効果、
安心できる環境作りをしていきましょう。
P1060514.JPG
関連記事
  • 正面からだとつらい

    逃げ場をつくってあげて・・・子どもの頃悪いことをした時正面からそして上からの目線で「どうして・・・」と叱られたことはありませんかそんなときになんとか逃げようとか...

    2021/01/03

    できごと - 介護 - 給食・おやつ

  • 心に歌を

    歌を歌うことにはストレス発散血圧の安定快眠飲み込みやむせの改善などさまざまなよい効果がありますみなさんはどんな歌を口ずさみますか?わたしたちの脳は思い通りに反応...

    2021/01/02

    できごと - 介護 - 給食・おやつ

  • 笑顔の鏡

    足の動きが悪くなってきたりあちこちが痛くなってきたり顔は加齢と共に口角が下がってくるので不機嫌でなくてもそう見られてしまう片付けて見つからないとの訴え同じことを...

    2021/01/01

    できごと - 介護 - 給食・おやつ

  • 笑うこと

    笑うことは高度な身体機能を必要とする行為ですなにか面白いことを一瞬で感じ想像して理解して脳の認知機能に働きかけますだから笑わない人ほど認知機能が低下する率が高く...

    2020/12/31

    できごと - 介護 - 給食・おやつ

  • はとまめだより 12月号掲載しました。

    下記のリンク先よりご覧ください。PDFファイルです。宮城の里・はとまめだよりhttps://www.ikukei.or.jp/dei/hatomame.htm

    2020/12/30

    できごと - 介護 - 給食・おやつ

  • ほめる

    ほめる物忘れ、日にち間違え、しまい忘れ・・・介護をしていると、昔は、自分で何でもやっていた方が、できないことが増えて、いっしょにいると、いらっとすることも増えが...

    2020/12/14

    できごと - 介護

  • これって、認知症?

    これって、認知症・・・心配なときは○最近、物忘れ増えていませんか?・お財布や鍵をいつも探してしまう・自宅の戸締まりをしたか、心配で何度も確認をしてしまう・地域の...

    2020/12/07

    できごと - 介護

  • 伝えていますか

    一日に何回、「ありがとう」伝えていますか?マイナスの言葉「いやだ」「めんどくさい」「調子が悪い」「だるい」などプラスの言葉「ありがとう」「しあわせ」「大好き」「...

    2020/09/26

    できごと - 介護